ブログ

リフォームを行う際に注意したいチェックポイント

室内のリフォームを行う際に、注意しなければならないチェックポイントがあります。
それは照明器具に関する内容となりますが、例えば洗面ルームなどに吊り棚を設置する場合では洗面ルームの天井付近に設置されている照明器具に、棚を開閉させる際に戸がぶつからないようにチェックを行うことが必要になります。また、キッチンでも同様で、システムキッチンなどへとリフォームを行う際には、吊り棚の扉の開閉状態を知っておくことが必要で、キッチンの照明器具に衝突してしまう場合では、照明器具を移動することが必要なケースもあります。他には、節電などを行うことを決めた場合では、例えばリビングの天井に設置されている照明器具をLED電球などに交換するリフォームを行うかたもいます。しかし、設置されている器具もチェックポイントとなり、根元の配線の状態によっては電気工事を必要とする場面もあります。例えば古い型式のシャンデリアなどを用いている住宅の場合では、円形の蛍光灯を用いているケースが多いのですが、このタイプの場合では、ソケットを取り外しできない物も存在しています。DIYとして電気配線に手を加えることは危険を伴うこともあるので、専門業者に依頼することが必要になります。