ブログ

マンションリフォームは管理規約などを確認すること

中古マンションを購入するとき、リフォームを考える人は多くいます。
マンションリフォームをするためには、一定の規則を定めているマンションも多くあります。マンションリフォームに関しては、管理規約に定められていますので、これを確認する必要があります。マンションには、住み始めてからのルールを詳細に定めた管理規約があり、リフォームをする場合にも、管理規約にリフォームの手順が定められていることが多くなっています。これは、リフォーム工事をする際に騒音が問題となるケースを想定した、一定のルールに則った方法で工事を行う必要があるからです。具体的な手順としては、まず管理組合の承諾を得るケースが普通のことですが、特にフローリングについては、工事自体を禁止しているマンションがあります。したがって、マンションりフォームを前提としてマンションを購入する場合は、契約する前に管理規約を確認することが必要となります。また、新たにエアコンを取り付けると場合に、壁に穴を開ける必要が出たときには、理事会に届け出ることが絶対条件となります。コンクリートの壁は、マンションの共用部分となっており、耐震性などを考慮すると、独断では工事ができないことになっています。