ブログ

新築の和風物件に多いスタイルと傾向

雪国で建築されている和風の新築物件の場合では、建てられているスタイルには様々なものがありますが、その中でも多く用いられている傾向のものが存在しています。
雪国の場合では、冬期間の積雪によって、住宅には雪の重量による負担がかかることになります。そのため住宅を建築する際には、常に居住している地域の平均降雪量を知っておくことが必要になります。実際に建てられている傾向の多い和風の新築物件の場合では、やはり雪対策を施していることが基本となり、2階建てでは無く平屋住宅として建てられているものを数多く目にすることができます。また、屋外のエクステリア周辺に使用されることの多い木材などに関しても、耐水性に優れていることは勿論のこと、寒冷地に相応しい材質のものが利用されることになります。また、雪を排雪するためのスペースを確保していることも大切な要素となりますが、和風の住宅の場合では、玄関から道路までのアプローチの部分に洋風のレンガやタイルなどは似合わないことになるので、ロードヒーティングを施工したり、融雪機を地面に埋め込んだりすることが行われています。また、屋根に関しては傾斜を付けたものが人気となり、可能な限りの雪対策が施されています。