ブログ

一戸建て住宅を二世帯住宅へとリフォームすること

一般的な一戸建て住宅の場合では、1階の部分と2階の部分では、床面積が異なる住宅が沢山あります。
特に雪国などではスノーダクトなどが付いていない三角屋根を持った住宅の場合では、屋根に傾斜を付ける必要があるために、必然的に2階部分は床面積が狭くなる傾向にあります。現在では例えば過去に親が購入、若しくは建築した住宅に、子供世帯が同居することも珍しいことではありません。しかし、親と同居する場合では、室内の数が不足してしまうことも多々あります。そんな時には二世帯住宅へとリフォームを行うことで、全ての不具合が解消されることになります。二世帯住宅として現在人気とされているものでは、例えば玄関を2つに分けて設置したり、1階部分は親が居住し、2階部分には子の世帯が居住することも多い傾向にあります。二世帯住宅にリフォームする場合では、多くのケースで2階部分の床面積を増やすことも行われています。その結果として三角屋根の住宅の場合では、平らの屋根に変更し、室内空間を増設することも行われています。さらに中には浴室やキッチン、トイレなども2階に設置することも行われており、親世帯と子供の世帯が共に快適に居住できるような工夫がされています。