ブログ

団地に施工されることの多いリフォームの内容

大きな団地などが全国に数多く建てられていますが、建造物としては経年劣化というものがあり、避けることのできない部分でもあります。
団地に施工されることの多いリフォームの内容としては、外壁の部分が一般的には広く行われている部分でもあります。団地によっては外壁に使用されている素材が異なりますが、古くから建てられている物件の場合では、塗料による塗り替えリフォームを行うことが一般的です。その際には、ひび割れなどがある場合では、事前に補修作業を必要としています。建物の内部に関しては、外壁と同様に共用部分の壁に対する塗り替え工事を行うケースも多々見られます。また、床面にはプラスチック製のタイルを用いられていたり、コンクリートがむき出しで使用されている場合もありますが、経年劣化によって、傷みが酷くなった場合では、タイルの張り替えやコンクリートの塗り直しなども行われています。階段部分に関しては、滑り止め用の部材が破損してしまうことも多々あります。この場合では、新しい滑り止めに交換するリフォームが行われることになります。機器類に関しては、例えば共用部分の照明器具などに不具合が生じている場合では、器具を全て交換する作業を必要とするケースもあります。