ブログ

一般的な耐震補強の方法をご紹介します

ここでは、一般的な耐震補強の方法ご紹介します。まず最初は基礎に付いてです。
20年程度前までの住宅は、無筋コンクリートの基礎が多かったので、現在の鉄筋を入れた布基礎やベタ基礎と比較すると強度不足している場合があります。こういった基礎は、コンクリートで基礎を一体化したり、コンクリートを増設します。又、クラックなどの症状の場合は、専用の注入剤で補修します。次に部材の接合部です。この部分はコンクリート基礎付近ですと湿気で部材が腐っている場合、また接合部分に根本的な強度不足などが考えられます。このような場合には腐食部分は完全に取り去り新しく継いで新しいものに作り変えます。その際防湿・防蟻処理を施せば完璧です。そして根本的な強度不足には金具を新しく設置し接合部が外れないように加工します。また土台を基礎を繋ぐアンカーボルトがない場合は設置します。次は壁の補強です。既存の壁をリフォームする場合には、外壁を剥がして外部から補強する場合と壁はそのままに建物内部に補強を施す場合とがあり、前者は工期が長くなり費用も掛かりますが、外壁と内壁の間に補強を施す為に見た目は美しく仕上がり建物内部のスペースを無駄にしなくてすみます。後者はその逆で工期は短く費用は掛かりませんが、建物内部のスペースが小さくなってしまう難点があります。最後に屋根ですが、屋根材を軽くするという事は非常に耐震性を上げます。重いほうが安定が良さそうな感じもしますが、建物上部は軽ければ軽いほど耐震には役立ちます。瓦葺きからスレート葺きに変更する事で耐震補強に一役買うわけです。ざっと説明しましたが、ご自分の状況に合わせて考えてみて下さい。