ブログ

カントリー風に洗面台をリフォームする方法

カントリー風に洗面台をリフォームする方法があります。
世間一般的に使用されているものでは、洗面台とキャビネットの部分がシステム化されたものが広く用いられています。中にはシャワーヘッドの付いたものも用意されており、大変快適に使用することができます。しかし中には拘りを持ってリフォームを行う方も多く、専門業者に依頼をして、洗面台の交換を行う他、自主的に製作することも行う方がいます。カントリー風に仕上げる場合では、洗面ボールの部分では、単に水やお湯が使用できるように蛇口が設置されていることと、流した排水が正しく排水管に流れれば改造に関しては問題がありません。正面のミラーの部分に関しては、ホームセンターで販売されている耐水性の高いものを用意することで済ませることもできます。また、カントリー風に拘って、木材を使用して棚を製作することも面白い方法になります。例えば洗面ボールの正面に木枠を組んだものを壁面に取り付けることで、かなり印象を変化させることが可能になります。また、従来型の洗面台では、殆どのモデルで床まで収納棚が設置されていますが、簡素化した洗面ボールを利用することによって、室内の空間が広くなったように見えることも大きな利点になります。