ブログ

予定している実家の屋根のリフォーム

これから私が昔育った実家のリフォームが予定されています。
そもそもリフォームするきっかけになったのが、屋根がシロアリの被害にあっているということが分かったからです。私が生まれ育った実家は、築30年になる古い木造建築の家です。私が小学1年生の頃、まだ元気だった祖父が建てたものです。2階建ての家の2階は私と父と母、そして下の妹と4人のためのスペースとして当時利用していたことを記憶しています。そんな私たちの思い出がたくさん詰まった古い我が家ですが、シロアリの被害に気が付いたのはちょうど半年くらい前の頃です。時期もたまたま梅雨の時期ということもあり、雨が多く降る日が続いたある日に、急に雨漏りが1Fの広間にするようになったそうです。母が言うには、最初はぽたぽたと柱を伝っていたものが時間が経つにつれてひどくなり、3日後には何か所も雨漏りがする状態が出てきたそうです。それから父が屋根裏にのぼり確認をしたところシロアリに食われて腐っているような状態があり、そこから雨が浸みてきて、このままでは屋根が崩れるかもしれないと考えての補修になったそうです。私は父と相談してリフォーム費用の一部を負担することになりましたが、総額で300万近くかかり、屋根のリフォームも金額がかなりかかると実感しています。