ブログ

悪質なリフォーム会社の営業マンを撃退する方法

屋根や外壁が年数が経過して傷んできているので、リフォームをした方がいいと不安にさせたりして契約を迫るケースや、近所で屋根や外壁の工事をすることになったので、近隣地区の方々なら今工事をすれば安くできるとお得感を出して、契約を迫る悪質な営業マンがいます。
こういった手法は営業マンの基本とも言えるもので、このような訪問営業を受けた経験のある方も多いと思います。もちろん営業マンも生活がかかっているわけですから、成績を上げ会社に貢献する必要があります。必死さが熱心という印象を与えるのだと思いますが、消費者側もリフォームという高額なお金が発生するものには、時間をかけて考えることが大切です。大体こういう場合は、屋根も外壁も工事しなくてはいけないような状態になっていることは少ないです。しかし、気になるなら自分の信頼できる業者や親戚や仲の良い友達の知り合いの業者などに、一度点検してもらうようにします。そういう業者がいないからといって、訪問でやってきた見知らぬの営業マンとは契約をしないことが基本です。強引でしつこい悪質な営業マンには、息子や旦那が建設会社に勤務しているとか引っ越す予定があるからと言うと撃退できます。