ブログ

洋室の床面を香川県の最新の資材でリフォームする方法

少し古い時代に建築された香川の住宅では、洋室であっても床面にはカーペットなどで施工されている場合もあります。
カーペットの他には、いわゆる板の間と呼ばれるものも存在していますが、最新の資材を使用することによって、見違えるほどのリフォーム効果を得ることができます。その方法はフローリングを床材として使用する方法で、現在では多くのケースで新築物件には採用されています。カーペット敷きの室内の場合では、殆どの場合で高さ調整などを行うことなく、カーペットを剥がした上にフローリングを敷き詰めることが可能になります。板の間の場合では状態によっては古い板を剥がす作業が必要になりますが、どちらのケースでも選択するフローリングの種類によって、大きくイメージが変わります。例えば明るいカラーの木目を選択したり、落ち着いた雰囲気のカラーのものを選択することもでき、室内のインテリアや、住宅の持ち主の好みによって自由に選ぶことができます。フローリングへとリフォームを行った後には、荷物を室内に運び入れる前に、ワックスなどを用いることもお勧めになります。ワックスは数ヶ月の効果を維持できますが、長期にわたってフローリングを保護したい場合では、フロアコーティングを利用することが良い方法です。